AGAや植毛の治療を病院で受ける|薄毛バイバイ館

頭皮を移植する

男の人

男性が中年に差し掛かるにつれて徐々に薄毛が進行してしまう理由として挙げられるのが、男性ホルモンです。男性ホルモンによる影響を受けやすい生え際や頭頂部などは、薄毛を引き起こしやすい部分となっています。後頭部や側頭部といった部分の薄毛を見かけないのは、そのような場所が男性ホルモンによる影響を受けづらいからです。生え際や頭頂部の薄毛が発生してしまった際の治療方法として、男性ホルモンの影響を受けていない側頭部や後頭部の頭皮を毛髪ごと切り取って、薄毛が進行している頭頂部や生え際に移植することで増毛を図る植毛という治療方法があります。このような治療方法のことを自毛植毛と言い、移植した頭皮が定着すると再び髪の毛が生えてくるようになります。大阪にはこのような治療を行なっているクリニックが数多くありますので、薄毛で悩んでいる方は大阪にあるクリニックをチェックしてみましょう。
一般的な植毛は頭皮に人工毛を植えこむという方法で行なわれますが、定期的なメンテナンスが必要だったり、炎症を起こしたり抜けてしまったりといったデメリットが多くあります。自毛植毛はじぶんの髪の毛を使用しているので拒絶反応などが出るリスクもなく、人工毛にはない自然な見た目が魅力です。頭皮に定着させる為には技術が高いドクターに執刀を任せる必要がありますので、クリニックを慎重に選ぶ必要があります。大阪などには自毛植毛を行なっているクリニックが数多くあるので、大阪にあるクリニックの口コミを紹介している口コミサイトなどを見てどのクリニックに行くかを決めると良いでしょう。